※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年版】Agoda(アゴダ)で領収書を発行する方法

Agoda(アゴダ)で予約したホテルは領収書の発行が可能です。

領収書の発行の仕方にはオンライン決済が完了している場合宿泊施設での現地決済の場合の2パターンあります。

今回はそれぞれのパターンの領収書の受け取り方について詳しく解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ!

Agoda(アゴダ)で領収書を発行する方法(オンライン決済が完了済み)

まずは、アゴダのアプリを立ち上げて「予約」をタップ。

すると、「利用履歴」の中に滞在したホテルの一覧が表示されるので、領収書を発行したいホテルの「詳細を開く」をタップ。

その後、予約したホテルの詳細が出てくるので、スクロールし、「電子領収書をEメールで送信する」という項目をタップ。

宛名、送信先のメールアドレス、必要な場合は住所記載の項目を入力。

「電子領収書の発行」をタップすると、「領収書が送信されました。」というページが表示されるので、これで完了です。

数分後、「【Agoda領収書】予約ID[XXXXXXXXX]領収書を添付しています」というタイトルのメールがとどきます。

メール内に領収書のPDFファイルが添付されています。

あとはPDFをダンロードし、必要な場合は印刷などの対応を行ってください。

領収書が含まれたメールが到着するまで約3分~5分程度かかります。

メールがすぐに到着せず、心配になるかもしれませんが安心してください。

5分以上経ってもメールが届かないといった場合は迷惑フォルダの中にメールが格納されているケースがあるので確認しましょう。

\海外の人気ホテルが最大97%OFF/

ホテルでの現地決済の場合

ホテルで現地決済を行う場合は、ホテル側が直接、領収書を発行してくれます。

チェックアウトをする際に必ず領収書を欲しい旨を伝えるようにしましょう。

万が一領収書を受け取り損ねた場合は、すぐにホテルへ直接連絡し、発行してもらえるかどうか相談することをおすすめします。

領収書発行と同時にキャッシュバックの特典受け取りも忘れずに

アゴダキャッシュバック特典付きの予約プランでホテルステイされた方は必ずキャッシュバック特典を受け取るようにしましょう。

キャッシュバック特典は、チェックアウトから60日後に申請できるようになります。

申請方法や注意点などについては以下記事で詳しく解説しておりますので参考にしてみてください。

関連記事>>アゴダキャッシュバッグ特典の申請方法や受け取り方を徹底解説!

万が一領収書を発行できない場合

万が一電子領収書付きのメールが届かない、発行した領収書に不備があるといった場合は、日本語対応可能なアゴダカスタマーサポートセンターへ連絡しましょう。

国内発信と海外発信の電話番号を掲載するので、ぜひご活用ください。

カスタマーサポートセンターは年中無休で営業しており、日本語対応可能なスタッフが常駐しています。

営業時間は9:00~24:00です。

アゴダカスタマーサポート電話番号
(国内発信)03-5767-9333
(海外発信)+81-3-5767-9333
\海外の人気ホテルが最大97%OFF/

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ!

アゴダの領収書発行はシンプルで簡単

今回はアゴダの領収書の発行方法についてご紹介してきました。

オンライン決済を行った場合は、アゴダのマイページから簡単に申請してPDFでダウンロードできます。

ホテルでチェックアウトの際に領収書の受け取り忘れが心配...といった場合はオンライン決済がおすすめです。