※こちらのページはプロモーションを含みます。

ANAファミリーマイルの使い方!家族のマイルを一つにして海外旅行へ!

ANAファミリーマイルとは家族みんなで貯めたマイルを一つにまとめることができるサービスです。

家族でマイルを合算できれば、特典航空券を予約できる可能性もグッと上がりますよね!

そこで今回はANAファミリーマイルへの登録方法やメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

次の長期休暇はマイルを貯めて海外旅行へ出かけましょう!

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが使い放題!
初年度年会費無料の最強クレカ!

ANAファミリーマイルとは

ANA B767

ANAファミリーマイルとは、家族それぞれで貯めたマイルを、特典に交換する際必要な分だけマイルを一つのマイレージクラブにまとめることのできるANAカード(個人)限定のサービスです。

ファミリーマイルに参加する家族の年齢が18歳以上超えている場合は、家族全員がANAカードの発行必須で、17歳以下の方はマイレージクラブでも参加することが可能です。

マイルを一つにまとめることができれば、今までマイルが足りなくて予約できなかった特典航空券を予約するということも可能になるので、本当におすすめできるサービスです!

ファミリーマイルに登録するにはどうすれば良い?

家族でスマホを見る

ここでは初心者や未経験者の方でも分かりやすいようにファミリーマイルの登録方法についてご紹介していきます。

また、私個人がファミリーマイルについて疑問に思ったことをANAお客様サポートに直接お問い合わせしてみました。

登録方法1:ANAカードを所有しているか確認する

まずはANAカードを所持しているか確認しましょう。18歳以上の方はANAカード(家族カード)入会が必須です。(家族カードも含む)17歳以下の方であればANAマイレージクラブに登録していれば問題ありません。

もし新たにANAカードを発行するのであれば、ANAワイドゴールドカード以上のステータスのあるカードをおすすめします。

理由は、ワイドゴールドカードを発行すると、ANAゴールドメンバー(上級会員)の資格を得ることができるからです。

貯めたマイルを特典航空券に交換する場合、上級会員の方が特典航空券の空席が一般のANAカードよりも多いので、特典航空券を予約できる可能性がグッと高くなります。

また、国際線を利用する際にエコノミークラスの搭乗券であってもビジネスクラスのカウンターでチェックインできる特典などもあります。

ぜひANAカードを新しく作りたい!と思っている方はANAゴールドカードを発行してみてください。

ANAゴールドカード

登録方法2:プライム会員を決める

プライム会員とは、ANAファミリーマイルの代表者のことを指します。プライム会員のマイレージ口座に全てのマイルが集合するという仕組みです。

ポイントとして家族でANAカードを複数持っていた場合、絶対に上級会員の方をプライム会員にするようにしましょう。

先ほどもご説明しましたが、上級会員の方が特典航空券を予約できる可能性が高くなります。

登録方法3:ファミリー会員を決める

ファミリー会員とは、プライム会員と生計を同一し、同居する配偶者・同性パートナー及び、一親等以内の家族を最大9名まで登録することができます。

一親等以内の家族限定となっているので、同居している祖父母や兄弟・姉妹などをファミリー会員にすることはできないので注意してくださいね。

登録方法4:最終登録を行う

最後の手続きはプライム会員の方が行います。

ファミリーマイルに登録する家族全員がANAカード(家族カードを含む)を所持している場合、
ファミリーマイル登録画面

ANAマイレージクラブのマイメニューよりご家族の利用→ANAカード(ファミリーマイル)を選択してください。
クリックすると、下の方に「規則に同意して登録する」という項目があるので進んでください。

ここで家族カードを登録していないと、

エラー表示画面

このようなエラーが発生するので、ファミリーマイルに登録する場合は、必ず登録する18歳以上の家族全員が家族カードの発行を完了させてから登録するようにしてください。

また、17歳以下の子供のマイレージクラブのマイルを登録する場合は以下のPDFをダウンロードして必要事項を記入します。

登録方法の条件として、登録するファミリー会員の保険証のコピー又は発行3ヶ月以内の住民票のコピーの提出が義務付けられています。

ANAにお問い合わせをしたところ、ファミリーマイルに登録する家族に17歳以下の子供がいる場合、参加申し込み書に記入するのはその子供だけで大丈夫とのことです。18歳を超えているファミリー会員になる方はネットで登録しましょう!

PDFのダウンロードはこちらより行ってください。

参加申し込み書

登録方法5:合算マイル数を確認する

最後に正常にマイルが合算されているかどうか確認しましょう。

合算したマイルは、プライム会員の「マイル口座残高」で確認することができます。

また、合算したからといってファミリー会員のマイル残高がゼロになる訳ではありません。

ファミリー会員のマイレージクラブからも個人のマイルは確認することが出来ますし、プライム会員のマイレージクラブから家族全員のマイル数を確認することもできます。

ファミリーマイルのデメリット

女性 驚く

ファミリーマイルのメリットは何といっても家族のマイルを合算することができるので、特典航空券の予約がしやすくなる点でした。

ですが、デメリットを探してみると意外と見落としがちなポイントや注意しなければならないポイントが出てきたのでご紹介します。

18歳以上であればANAカードに絶対に入会しなければならない

ファミリーマイルを登録する家族が18歳以上であればANAカードに絶対に入会しなければなりません。普段ANA個人カードをメインで利用していないという方は年会費を考慮して、「ANA家族カード」をおすすめします。

家族カードは「ANA JCBカード ZERO」を除いて全て年会費が1,080円~16,740円発生します。

例えば先ほどおすすめカードとしてご紹介したANAワイドゴールドの家族カードは1枚当たり年会費で4,320円(税込)発生します。

そして、ANA一般カードの場合は1,080円(税込)。ワイドカードの場合は、1,620円(税込)となっています。

ただし、一般カードの家族カードは初年度年会費が無料となっています。

ファミリーマイルを登録する家族が18歳以上の場合は、毎年クレジットカードの年会費が余計に増えてしまうということを覚えておきましょう。

ファミリーマイルを使うと一部のANAサービスを利用することができなくなる

以下の表をご覧ください。

ファミリーマイルでも使えるサービス ファミリーマイルで使えなくなるサービス
ANA国際線特典航空券 バニラエア特典航空券
ANA国内線特典航空券 いっしょにマイル割
ANA国際線アップグレード特典 ANAセレクション特典
提携航空会社特典航空券 ANAご利用券
ANA SKY コイン 提携ポイントへの交換...etc

ファミリーマイルのサービスを利用すると、一部のANAサービスで利用できなくなるサービスがあることが分かります。

特に「いっしょにマイル割」が利用できなくなるのは残念です。

いっしょにマイル割を利用すると、家族一人が10,000マイルを支払うことによって最大4名までいっしょにマイル割運賃で航空券を予約できるので家族旅行にもってこいのサービスなのですが、ファミリーマイルに登録すると使えなくなるようです。

いっしょにマイル割について詳しく知りたい方はこちら

ファミリーマイルの情報を変更・退会したい場合は、手数料を支払わなければならない

ファミリーマイルの情報を変更・退会したい場合は、手数料としてなんと5,000マイル支払わなければなりません。

1マイルの価値は平均で2円~3円と計算することができるので、手数料に10,000円~15,000円を支払わなければならないシステムだということです。

変更手数料が発生しない場合は、婚姻・死亡など戸籍上の変更と海外に転居した場合などです。

しかしこんなにマイルを徴収するのはあんまりだ!ヒドすぎる!と思い、ANAお客様サポートセンターに急いで問い合わせをしたところ、

お客様の状況に応じて柔軟に対応します。」とのことでした。

実際にはあまり5,000マイルを徴収されるケースはなく、子供の進学によって別々に暮らすことになったので別々にマイルを貯めたいという場合なども無料で変更することができるようです。

ファミリーマイルの変更・退会したい場合はANAお客様サポートセンターに一度で電話で事情を説明すると良いと思いますよ!

ANAお客様サポートセンターの電話番号はこちら

ファミリーマイルの注意点

考える男性

ここではファミリーマイルの注意点を簡単にご紹介していきます!

ANA(法人)カードをファミリーマイルに登録することはできない

ANA(法人)カードをファミリーマイルに登録することはできません。

ファミリーマイルに登録する際は、別途でANA(個人)カードを発行するか、ANA家族カードを発行する必要があります。

マイレージクラブの登録住所が国外である場合は利用することができない

海外に居住地がある方はファミリーマイルを利用することはできません。

しかし、ANA「ANAマイレージクラブ ファミリーアカウントサービス」といったサービスを行なっており、海外居住者が家族のマイルと合算することができます。(プライム会員だけの登録はできません。)

「システムとしてはファミリーマイルとほとんど変わらないじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、本サービスを利用される場合、登録料として一人につき1,000マイルを支払う必要があります。

ANAマイレージクラブ ファミリーアカウントサービスについて詳しく知りたい人はこちらから

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法とは!?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方も発行をおすすめします!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限に変更するため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

ファミリーマイルをフル活用して家族で旅に出かけよう!

家族集合

今回はANAファミリーマイルの登録方法やデメリットについて詳しくご紹介してきました。

ファミリーマイルを使うと家族のマイルを一つのマイレージ口座に合算することができるので特典航空券への交換がしやすくなる反面、

・ファミリーマイルに参加する家族が18歳以上であればANAカードを絶対に所持しなけれなばならない

・ファミリーマイルを利用すると一部のANAサービスが利用できなくなる

・変更・退会したい場合は、手数料として5,000マイル発生

するなど、色々なデメリットが分かったと思います。メリットとデメリットを見比べながらファミリーマイルを利用するかどうか家族で決めてみてくださいね!