※こちらのページはプロモーションを含みます。

シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記|機内食や座席を徹底ブログレビュー

今回はANAマイルを利用してシンガポール(チャンギ国際空港)→バリ(デンパサール国際空港)間をシンガポール航空のB787-9のビジネスクラスに搭乗してきたので搭乗記としてご紹介していきます。

座席シートはどんなもの?機内食のクオリティは?サービスはどう?などみなさんが疑問に思っていることをわかりやすくご紹介します。

シンガポール航空のビジネスクラスの予約を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!!

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

シンガポール航空ビジネスクラスにチェックイン

クアラルンプール国際空港のチェックインカウンター

今回の出発地はクアラルンプール国際空港でした。ビジネスクラスのチェックインカウンターで簡単に手続きを済ませ、マレーシア→シンガポール間、シンガポール-バリ間のビジネスクラスのボーディングパスを発券してもらいました。

クアラルンプール国際空港は時間帯によってイミグレが大混雑する時間があります。

私は午前中の出発だったのですが、イミグレを通過するために1時間ほど時間がかかってしまい、ラウンジの滞在時間が10分と全くゆっくり過ごせませんでした。

時間に余裕を持ってきたつもりが、出発時間のギリギリにイミグレを通過したのでホント焦りましたよ(笑)

クアラルンプール国際空港の午前便を利用される方はいつもより早めに空港に到着されることをおすすめします!

チャンギ国際空港のシルバークリスラウンジに初訪問!

チャンギ国際空港のシルバークリスラウンジ

クアラルンプール国際空港到着後、デンパサールまで4時間ほど乗り継ぎの時間があったので、シルバークリスラウンジを訪問。

噂通り、シンガポール航空の拠点になるチャンギ国際空港のシルバークリスラウンジのクオリティは素晴らしかった。

居心地が良いだけでなく、ラウンジ内に置いてある食事のクオリティも同じスターアライアンス系のANAラウンジやタイ航空のラウンジより高い。チャンギ国際空港のシルバークリスラウンジは間違いなくアジアNo1のラウンジと言って過言ではないと思います。

ぜひスターアライアンスのビジネスクラスを利用される方は普段より早く空港に到着し、飛行機の搭乗時間までラウンジで贅沢な時間を過ごすことをおすすめします。

チャンギ国際空港のビジネスクラスの詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

シンガポール航空B787-9のビジネスクラスに搭乗

今回はシンガポール航空のボーイング787-9型機に搭乗します。

運命の分かれ道

いよいよ飛行機に飛行機に搭乗します。今回はビジネスクラスを利用するので遠慮なくビジネスクラスのレーンを利用させてもらいます。

ビジネスクラスシート

こちらがシンガポール航空のB787-9ビジネスクラスのシートになります。

ブラウンを基調としたシートは高級感が漂います。

もちろんこのシートはフルフラットシートなので、シートを倒せば簡易的なベッドに早変わり。座席に座ると、隣の座席に座っている方が見えない仕様のため、プライベート感もしっかり保たれています。

また、シンガポール航空のシートはなんといっても座り心地が抜群!このシートだと長距離フライトでも全く疲れることは無いと思います。

そして、B787-9のビジネスクラスの座席のパターンは1-2-1となっており、隣の座席に座っている人を気にすることなく、席を離れられるのでトイレに行きたいときも便利です。

オットマン

オットマンも十分な幅があるので、シートを倒していなくても、思いっきり足を伸ばせます。オットマンの下にある靴を入れる収納スペースもあります。

ビジネスクラスシート全体

座席に座って斜め前から見たビジネスクラスのシートです。完全に座っている人の姿は見えずプライベート感があります。

おしぼり

座席に座ると早速男性のCAの方が挨拶に来ていただき熱々のおしぼりを渡してくれました。

ウェルカムドリンク

続いて、別のCAの方がウェルカムドリンクを持ってきてくれました。

シャンパンかオレンジジュースを選べたのでオレンジジュースをいただくことに。オレンジジュースは果肉がしっかり入っている搾りたてのようなジュースでした。なかなか美味しい。

ビジネスクラスシート収納

ここからビジネスクラスのシート設備をご紹介します。

シートの隣には小さな棚があり、その中にビジネスクラス専用のノイズキャンセリング型のヘッドホンとミネラルウォーター、機内食のメニューが置いてあります。スマホを充電する際に必要なUSBポートも完備されていました。

このような収納ケースがあると、パスポートやスマホを収納できるので便利です。

ちなみに今回は短距離線のため、アメニティの配布は特にありませんでした。

ビジネスクラスメニュー表

機内食のメニュー表です。離陸前にCAの方が来て、食事のメニューと飲み物を聞いてきます。複数あるメイン料理の中から1品選びます。

今回のシンガポール→バリ線では3つのメイン料理がありましたが、私はオヒョウ(カレイに似た魚)のグリルと飲み物はコーヒーを選択。もちろんシャンパンやワインなどのアルコール類も選べます。

ビジネスクラスディスプレイ

続けて、他の設備も見ていきましょう。画面はタッチパネル式タイプ。液晶度が非常に高くANAやタイ航空のモニターよりクオリティが高かったです。

エンターティメントの種類も豊富で、映画やドラマ、音楽にゲームまで幅広いジャンルのエンターティメントが揃っており、長距離移動の場合も全く退屈になりません。

ちなみに上の画像でもわかるようにたとえ日本発着線でなくても日本語の映画の用意もあり、英語が苦手な方でも充実した空の旅を楽しめます。

長いお別れ

私は蒼井優さん主演の「長いお別れ」を見ました。

タッチパネル式のリモコン

リモコンはタッチパネル式のものです。非常に使いやすく、このリモコンだけでゲームを楽しめます。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

シンガポール航空のビジネスクラスの機内食

飛行機が離陸し水平飛行になると、いよいよお待ちかねの機内食タイムです。

ビジネスクラス機内食

今回のフライト時間は2時間半と短距離線のため、コース料理形式ではなく、プレート一つで提供する形でした。

色どり野菜と白身魚のグリルにサラダとデザートの杏仁豆腐にブレッドといったメニューです。ブレッドはCAの方が回ってきて好きなものを選べるスタイルになっています。

味に関してはどれも丁寧な味付けで美味しかったですが、男性の方は少々物足りない量です。短距離線でシンガポール航空を利用する場合は、ラウンジである程度食事を済ませてから飛行機に搭乗すると良いかと思います。

食後のコーヒー

食後に再びコーヒーをいただき、上空1万メートルの景色を見ながら優雅なティータイムを楽しみ機内食はこれにて終了。

シンガポールの機内食について、深く知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

デンパサール国際空港

2時間半のフライトであっという間にデンパサール国際空港に到着です。今回はビジネスクラスに搭乗していたので優先的に飛行機から降りられて、列に並ぶ必要もなくスムーズにイミグレを通過し、荷物をピックアップしました。

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、出発まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約もOK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため乗り換えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

シンガポール航空のビジネスクラスはハード面でもソフト面でも満点

チャンギ国際空港シルバークリスラウンジ

今回初めてシンガポール航空のB787-9のビジネスクラスを利用しましたが、ANAやタイ航空といった他のスターアライアンスの航空会社に比べてハード面・ソフト面で世界のトップクラスの航空会社と確信できました。

ハード面に関してはこちらの記事で紹介してきた通り、素晴らしい内容だったと思います。

一方でソフト面に関しては、ブログ用の写真を撮影しようとしていたらCAさんが近寄ってきて「写真を取りましょうか?」とフレンドリーに歩み寄ってきてくれたり、飛行機を出る最後の瞬間までリクエストに対して丁寧に答えてくれるだけでなく、私の名前をしっかり呼んで対応していただけた点に関しては、日系の航空会社以上の「おもてなしの精神」を感じ取れました。

正直、2時間半という短距離路線ではシンガポール航空の本当の良さはまだまだ理解できていないと思います。今後アメリカやヨーロッパに行く際はシンガポール航空を利用し、シンガポール航空のクオリティの真髄を体験したいと思います。

あわせて読みたい記事はコチラ