※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2023年版】コンラッドバリの朝食ブログレビュー!朝から大満足のメニューが勢揃い!

バリの高級ホテルの中でも特にコスパ抜群で家族連れからカップルまで人気のあるコンラッドバリ。

今回はコンラッドバリに宿泊した際に利用した朝食ビュッフェを詳しくご紹介していきます!

結論、品数が豊富なだけでなくスタッフの方々が非常にフレンドリーで思い出に残る朝食でした!

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

コンラッドバリの朝食はオールデイダイニング「SUKU」にて

オールディダイニングSUKU

コンラッドバリの朝食会場はオールディダイニングの「SUKU」でいただきます。

朝食の時間は7:00~10:30までとなっており、早起きが苦手な人にも配慮した朝食時間の設定です。

9:00ごろに訪問しましたが、待たされることなくスムーズに席へ案内されました。

テラス席

「SUKU」にはテラス席の用意もあり、朝から南国感を味わいながら朝食をいただくこともできますよ!

私は暑がりなので冷房がしっかり効いている室内で朝食でいただきました。

ブレッド

それではコンラッドバリの朝食を詳しく見ていきましょう。ベーカリーコーナーにはおいしそうな焼きたてのパンが数多くあります。パンの隣にはまるごとフルーツが置いてあります。南国らしい笑

デニッシュ系のパン

ディニッシュ系のパンの種類も豊富です。

ドーナツやマフィン

ドーナツやマフィンなども置いてあり、甘党の方にはたまらないですね。

日替わりで自家製のジャムも置いてあります。

南国のフルーツを利用した自家製ジャムはやっぱりおいしい。

焼きたてのトーストにサッと塗ると格別。

インドネシアのお菓子

インドネシアの伝統的なお菓子もあります。

ツアーに参加した際、ガイドさんにインドネシア人の朝食事情について伺ったところ、インドネシアの方はパンやお米を食べるのではなく、伝統的なお菓子とコーヒーを一緒に食べることが定番なんだそうですよ。

ホテルの朝食でバリ島の朝食文化を味わえるのも嬉しいところですね。

グリーンサラダ

サラダコーナーものぞいてみましょう。

サラダコーナーには色とりどりのグリーンサラダが数多くあります。

混ぜサラダ

お隣にはドレッシングやハム、チーズなどと一緒に混ぜた冷製サラダもありました。

滞在中、調理系のサラダは日替わりでメニューが変更されていたので飽きることなく楽しめました。

フルーツ

フルーツ類も豊富です。スイカやパイナップル、ドラゴンフルーツなど南国感を味わえるカットフルーツが数多くありました。どのフルーツも糖度も高くおいしかった!

フルーツヨーグルト

フルーツヨーグルトは一つ一つ容器に入って丁寧に並べてあります。

特にマンゴーヨーグルトは果肉もしっかり入っていて絶品でした!

和食

長期滞在で日本食が恋しくなっても大丈夫です。

コンラッドバリの朝食には日本食コーナーがり、海苔巻きやだし巻き卵など日本料理が数多く揃っています。

私は逆に日本の雰囲気を完全に忘れたかったので日本料理は食べませんでした。

サンドイッチ

小さいバンズの中にレタスやツナが入ったサンドイッチもありました。

魚料理

お魚を丸々一匹使った蒸し料理

エッグステーション

エッグステーション付近にあるホットミールコーナーにはキッシュや春巻きなどのお料理もあります。

ホットミール

ホットミールコーナーにあったお料理とパンをピックアップ。

今回ホットミールのお料理の写真を完全に撮り忘れておりました。レビュー出来ず申し訳ありません!

ホットミールはソーセージやベーコン、すき焼きのような肉料理からインドカレーなど様々な料理がありました。

オムレツ

エッグステーションもあり、お好みの具材を入れてその場でオムレツを作ってくれます。

具材を入れる際にオールと言えば全ての食材の入った豪華版のオムレツを作ってもらえるのでおすすめ。

パンケーキとワッフル

エッグステーションの横では、スタッフの方がパンケーキとワッフルを焼いており、リクエストをすれば出来立てのパンケーキやワッフルを丁寧にお皿に盛り付けてくれます。

ベリーソースをたっぷりつけて食べるパンケーキはおいしいですよね!

注文メニュー

また「SUKU」の朝食のよかった点は、メニュー表から好きな料理を注文できるところ!

ビュッフェ形式で何回も料理を選ぶ朝食の時間を過ごすよえい、席に座ってゆっくり楽しみたいという方におすすめ。

メニューには、卵系の料理から、日本食まで注文することができます。お客さんの多くが「Japanese Breakfast Bento Box」という日本料理が入ったお弁当を注文していたようでした。

エッグベネディクト

エッグベネディクトを注文してみました。

エッグベネディクトの中身はチキンかサーモンを選ぶことができます。

やはり注文したお料理だと丁寧に盛り付けされているのでインスタ映えしますね。お味の方は卵がとろとろの半熟になっていて、おいしかったです。

色々な料理を少しずつ

最後にいろんなものを少しずついただいて朝食はこれにて終了。ごちそうさまでした!

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、出発まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約もOK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため乗り換えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

コンラッドバリの朝食は料理だけでなくサービスも素晴らしかった

今回はコンラッドバリの朝食をご紹介していきました。

コンラッドバリの朝食は一つ一つ丁寧に作られていて、ハズレの料理を見つけることが難しいくらいクオリティ高めです。

改善点をあげるとすれば、洋食系のお料理が多かったのでもう少しインドネシア系のお料理を増やしてもらえると、いいかもしれませんね。

また料理だけでなく、スタッフ一人一人のサービスが素晴らしい!スタッフの方一人一人の笑顔が素敵で、料理や飲み物を運んでくる度に「enjoy breakfast!」といって両手を合わせて笑顔で挨拶してくれます。

ぜひバリで高級リゾートを検討中の方はコンラッドバリを候補の一つに入れてみてください!きっと今までで一番のホテルステイになりますよ!

あわせて読みたい記事はこちら