※こちらのページはプロモーションを含みます。

【宿泊記】コートヤード名古屋のスイートルーム・プレミアムルームをブログレビュー!

2022年に開業して以来、名古屋のホテルシーンで中心的存在になりつつある、コートヤード・バイ・マリオット 名古屋。

今回は名古屋へ滞在した際1週間ほどステイしたので、プレミアムツインルーム・スイートルームの客室の様子やプラチナ特典などを中心に解説していきます!

コートヤード名古屋への宿泊を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

コートヤード名古屋にチェックイン

天気が良かったため、ホテルまでは名古屋駅から徒歩で向かいました。

ホテル内に入るとアイボリーカラーとウッドテイストを基調とした温もりのあるデザインが広がります。

2022年に開業したばかりということもあり、清潔感も申し分ありません。

チェックインはマリオットボンヴォイのエリート会員含めて、レセプションにて行います。

レセプションのお隣には「THE LOUNGE」というロビーラウンジが併設されており、日中は季節のアフタヌーンティー、夜の時間帯はシャンパンのフリーフローなどを楽しむでお客さんで賑わいます。

また、17:00~19:00の時間帯にはハッピーアワーが開催され、1杯500円でグラスワインやビールを楽しめるお得なプロモーションも実施中。

ラウンジ内は開放感があるだけでなく、ゆっくりとくつろげるソファ席もあり、居心地が非常に良いので滞在される方はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

マリオットボンヴォイエリート会員特典

コートヤード名古屋ではマリオットボンヴォイエリート会員向けに豊富な特典を用意されています。

ゴールドエリート会員の特典とプラチナエリート会員の特典はそれぞれ下記の通り。

ゴールドエリート会員特典

ゴールドエリート会員特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト14時まで(お部屋の空き状況による)
・滞在ごとに25%のボーナスポイントを獲得
・500ポイント付与

プラチナエリート会員の特典

プラチナエリート以上の会員特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト16時まで(お部屋の空き状況による)
・アライバルギフト(1,000pt、1泊につき1,000円の館内クーポン、ホテルオリジナルギフト)
・50%のボーナスポイントを獲得
※無料の朝食特典はありません。

コートヤード名古屋の朝食はプラチナエリート会員以上で無料でしたが、2023年4月15日のチェックインより撤廃となりました。

大人2名で利用すると7,400円も得していたのでかなりの大改悪でしょう。

2023年4月15日以降はエリートギフト特典の一つに、1泊ごとに使える1,000円分の館内利用券が選択でき、館内利用券を用いて割引価格で朝食を利用することが可能となります。

朝食を利用する場合は大人3,700円となっているため、割引クーポンを利用して2,700円になります。

コートヤード名古屋の朝食レビューは下記記事で詳しく解説しています。

【2024年版】コートヤードマリオット名古屋の朝食を徹底レビュー

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

クラブラウンジの用意はある?

コートヤード名古屋にはクラブラウンジの用意はありません。

プレミアムツインルーム

それでは早速、お部屋の紹介をしていきましょう。
まずはデラックスツインルームです。

プレミアムツインルーム

お部屋はウッドテイストを基調とした温もりのある落ち着いた雰囲気。

広さは28m2とビジネス利用や観光利用で利用するには十分な広さ。

今回は一人での滞在にもかかわらず、ツインルームを選択しました。
理由は以下2点です。

・ツインルームにはバスタブの設置がある
・ツインルームには作業デスクの用意がある

キングルームになると、これらの設備は用意が無いので予約する際はしっかり検討しましょう。

キングルームには背もたれのある椅子の用意が無いので、ビジネス利用やワーケーション利用ではやや不向きだと思います。

また、デラックスルームとプレミアムルームの違いは下記の通りです。

・お部屋の階層が高層階かどうか。
・お部屋にネスプレッソマシーンが置いているかどうか。

さて、お部屋の紹介に戻りましょう。

窓側から見た客室はこんな感じ。

ベッドは硬すぎ柔らかすぎず絶妙な硬さで熟睡できました。

ベッドサイドにはBluetoothのスピーカーとスマホを置くだけで充電できるものがありました。

スピーカーの音質はイマイチ。

窓からの景色はこんな感じ。

ホテルの目の前にはMEGAドンキがあります。
お酒からお惣菜系までなんでも揃っているので、ドンキで食べ物や飲み物を調達して、お部屋で楽しむといった過ごし方も良さそう。

ツインルームタイプのお部屋には、このように一人がけ用のソファと机が用意されています。

名古屋駅周辺の眺望を楽しみながら快適にデスクワークができました。

テレビは55インチサイズ。
インターネット接続に対応しているため、テレビ上でNetflixやYouTubeなどを楽しめます。

ミニバー

続いてミニバーエリアを見ていきましょう。

プレミアムルーム・スイートルーム限定で用意されているネスプレッソマシーン。

水は1泊につき4本置いてあります。
4本を超える場合は1本100円の追加料金が発生するとのこと。

引き出しを開けると、紅茶・緑茶のティーバッグ、グラスやティーカップが収納されていました。

冷蔵庫の中は空っぽ。

持参したものを冷蔵しやすい。

バスエリア

続いてバスエリアを見ていきましょう。

シンクはシングルタイプ。

シンク周りは大理石を使用しており、高級感があります。

無料でバスソルトや基礎化粧品セットをいただけます。

備え付けのアメニティも歯ブラシ、髭剃りなど基本的なものは一式揃っています。

ドライヤーはサロニア製。

そしてこちらが、バスルームになります。

アイボリーカラーを基調としており、清潔感がありつつも高級感のあるデザイン。

洗い場付きの作りが嬉しいですね。

シャワーはヘッドタイプとレインタイプの2種類。

水圧も申し分ありません。

バスアメニティはコートヤードブランド共通ブランドのNIRVAE(ニルヴァエ)。

さっぱりとした柑橘系の香りがして、男性・女性問わず使いやすいブランドです。

バスタブは深さがありつつも横幅は狭めの作り。

身長172cmの筆者の場合、足を折り曲げないと湯船には浸かれませんでした。

お手洗いは個室仕様。

ルームスリッパはコートヤードのロゴがデジタルプリントされていますが、ペラペラな質感。

もう少しこだわってほしいところ。

パジャマはビジネスホテルでよく見かける、ワンピースタイプのものでした。

ビジネス利用のシーンも想定して、消臭スプレーもあるのはポイント高い!

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

スイートルーム

続いては1フロアに1室しか用意がないスイートルームをご紹介していきます!

ちなみに有償で利用する場合は1泊50,000円程度から販売されています。
今回はプラチナエリート会員のアップグレード特典で無償アップグレードいただきました。

リビングルーム

スイートルームは1ベッドルーム仕様となっているため、リビングエリアと寝室が分かれています。

お部屋の広さは56m2とスイートルーム仕様の広さ。

リビングルームはこのような感じ。

スタンダードルーム同様。ウッドテイストを基調としたモダンデザイン。

スイートルームにありがちな豪華絢爛といったテイストではありませんが、自宅のリビングでくつろいでいるかのような安心感があります。

椅子とテーブルも木を基調としたデザインで温もさと特別感を感じられます。

机の上には有名な陶器家の方が作成した湯呑みと茶葉の用意も。

カウチ付きのソファー。

広々としたデザインでゆっくりくつろげます。

テレビは60インチとスタンダードルームよりも大きめのテレビを採用。

夜はホテル近くの酒屋さんで購入した泡を飲みながらYouTubeをだらだら見るという贅沢な時間を過ごせました◎

ミニバー

ミニバーはプレミアムルームと同じラインナップ。

お水は1泊につき、8本まで無料でいただけます。

ベッドルーム

ベッドルームは2方面の窓があり開放感抜群。

寝心地もスタンダードルーム同様、申し分なし。

ベッドルームの窓側から見たバスルームの様子。

クローゼット

スイートルームにはウォークインクローゼットの用意もあります。

スイートルーム限定のバスローブ。

ACホテル東京銀座やTIADオートグラフコレクションで用意されているバスローブほどの着心地はないものの、生地のごわごわ感は無く、着やすかったです。

スリッパのクオリティはスタンダードルーム同様のものでした。

バスエリア

最後にバスエリアを見ていきましょう。

シンクは大きなボウルに2つの蛇口があるダブル仕様。

スイートルーム限定のミニボトルに入ったバスアメニティ。

フランス発のマリンコスメティクスブランド、Algotherm(アルゴテルム)

クセの無い香りで男性、女性問わず利用しやすいです。

バスルームに関しては洗い場がやや広めになっている程度で、スタンダードルームと比べて大きな変化はありませんでした。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

フィットネスルーム

24時間利用可能なフィットネスルーム。

最新のマシーンが完備されています。

アクセス方法

コートヤード名古屋の立地は正直微妙。

最寄り駅は名古屋駅もしくは伏見駅となっており、名古屋駅からは20分程度、伏見駅からは10分程度歩きます。

ホテルまでスムーズに到着したいという場合は、名古屋駅からタクシーで向かわれることをおすすめします。

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、出発まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約もOK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため乗り換えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

名古屋でワンランク上のホテルステイを楽しむならコートヤード名古屋で決まり!

今回はコートヤード名古屋の客室の様子やプラチナ特典の内容をお届けしてきました。

客室は非常に落ち着きのあるデザインで快適なホテルステイを楽しめました!

特にスイートルームのクオリティは素晴らしく再訪したいと思えるお部屋でした。

今後、マリオットエリート会員特典の無料朝食が復活すれば、もっと活用したいです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。