※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年版】ITAエアウェイズの機内食!エコノミー・ビジネスクラス別に解説

ITAエアウェイズは、2021年から就航しているイタリアの航空会社。

同年まで運営されていたアリタリア航空が国営化したことをきっかけにITAエアウェイズという名称に変更されており、実は世界21か国に44路線を就航しています。

羽田ローマ線の直行便も運航しているITAエアウェイズですが、今回はITAエアウェイズの機内食の詳細やリアルな評判に着目します。

エコノミークラスとビジネスクラスの往復路をそれぞれご紹介するので、ITAエアウェイズを利用する前にチェックしてみましょう。

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

ITAエアウェイズの機内食が提供されている時間帯

羽田空港からローマまでは約14時間半、ローマから羽田空港は12時間強で、長距離フライトに分類される路線です。

ITAエアウェイズにて羽田空港とローマ間のフライトを利用する場合、計2回の機内食が提供されます。

1度目は搭乗から2時間ほど経過してからとなっており、メニューは前菜とメインディッシュ。

2度目の機内食はフライトの時刻によって異なるものの、フライトから10時間前後経ってから出されることが多いようです。

\海外の人気ホテルが最大97%OFF!/

ITAエアウェイズ エコノミークラスの機内食メニュー

ここでは、ITAエアウェイズエコノミークラスの羽田ローマ便とローマ羽田便の機内食をそれぞれ2つずつ見ていきましょう。

羽田→ローマ

ITAエアウェイズの羽田からローマまでの便では、トマトソースのパスタが提供されています。

パスタは麺が長いスパゲッティではなく、らせん状のマカロニのような形状のフジッリタイプ。

ショートパスタなので食べやすく、食事中に着ている洋服やブランケットなどを汚し心配もありません。

また、大きめのサラミも付いていて、行きの飛行機の中で早くもイタリア気分を味わえます。

パンとバター、カットフルーツ、クラッカーもセットになっているので、ボリューム満点の機内食です。

羽田→ローマ

この投稿をInstagramで見る

 

JUN(@jun_nitijou)がシェアした投稿


羽田発ローマ行の機内食の2つ目は、日本人に嬉しい和食メニュー。

メインの容器には、鮭の照り焼きが入っています。

シイタケ、ニンジン、インゲン豆、キノコが鮭に添えられているので、「フライト中はあまり重いものを食べたくない」「機内食が苦手なので変わったメニューは避けたい」という方でも食べやすさ抜群です。

また、つくね団子の串や和え物も入っていて、日本のお弁当を食べているような気分を満喫できます。

ニンジン、トマト、レタスのサラダもあるため、ヘルシーかつ栄養バランスの取れたメニュー。

デザートはオレンジのゼリーで、爽やかな風味でお口直しにも最適です。

ローマ→羽田

この投稿をInstagramで見る

 

JUN(@jun_nitijou)がシェアした投稿

ITAエアウェイズのローマから羽田までの機内では、唐揚げが食べられます。

容器の半分に黒ゴマ付きの白ご飯、もう半分に唐揚げが入っていて、中央を仕切るようにインゲン豆とニンジンがのせられています。

味付けはやや濃い目との声も挙がっていますが、「旅行先で洋風のご飯ばかり食べていたから和食が恋しい」「普段食べ慣れているメニューも食べたい」という場合にピッタリですね。

また、ホウレン草やサーモンのマリネも付いており、肉、野菜、魚をバランス良く摂取できる機内食となっています。

デザートには洋ナシ入りのリコッタもあるので、甘いものが好きな方に嬉しいメニューです。

ローマ→羽田

ローマから羽田までの便に搭乗する場合、2つ目の機内食としてラビオリが提供されています。

ラビオリはパスタの一種で、四角形のパスタの中にひき肉、野菜、チーズなどが入っています。

ITAエアウェイズの機内食では大きめのラビオリが4つほど入っていて、トマトも添えられているのが特徴です。

かなりボリュームがあるメニューで、長距離フライトの途中でお腹が空くこともありません。

味は少ししょっぱいという意見もあるため、濃い味付けが苦手な方やラビオリを食べ慣れていない方は気を付けましょう。

ちなみに、ラビオリ以外にもパン、サラミ、チーズ、クラッカーなどが付いており、色々な味を楽しめるメニューになっています。

\海外の人気ホテルが最大97%OFF!/

ITAエアウェイズ ビジネスクラスの機内食メニュー

ITAエアウェイズのビジネスクラスでは、写真映えする料理やミシュランシェフ監修のメニューなどが機内食として採用されています。
以下では、羽田とローマの往復便で食べられる機内食をご紹介していきます。

羽田→ローマ

この投稿をInstagramで見る

 

おのだ まさし(@mr.onoda)がシェアした投稿

ITAエアウェイズビジネスクラスの羽田発ローマ行で出されている機内食は、ペンネパスタとビーフカツレツ。

ペンネパスタはトマトソース風味で、誰でも簡単に食べられる小さめサイズとなっています。

ビーフカツレツにはズッキーニ、ニンジン、ポテトが添えられていて、炭水化物、タンパク質、野菜をバランス良く食べられるところが魅力的。

エコノミークラスよりもワンランク上の食事を堪能できるのはもちろん、お腹いっぱいにもなるボリューム満点の機内食です。

ローマ→羽田

ビジネスクラスでローマから羽田までフライトする場合、目で楽しめる機内食を満喫できます。

プレートの上には半分に切られた小さなカボチャがのせられていて、下にはクリームチーズが隠れています。

おとぎ話に出てきそうな可愛らしいメニューなので、「映える機内食が食べたい」「豪華なだけじゃなくて見た目も魅力的な機内食がいい」という方にピッタリ。

また、2つ目のプレートのラビオリは、イタリアのピエモンテ州の郷土料理であるアニョロッティ・デル・プリンのスタイル。

ラビオリの生地を貝殻のような形状にしているのが特徴的で、フォトジェニックなレストランで食事をしている気分を味わえます。

メインはビーフと薄く切られたリンゴのチップスとなっており、前菜からメインまで目を引くオシャレメニューを楽しめます。

羽田→ローマ

羽田発ローマ行のITAエアウェイズのビジネスクラスで提供されているのは、トマトソースのラビオリ。

ひき肉入りのラビオリに、たっぷりとトマトソースがかけられています。

また、ラビオリの上にはピクルスやオリーブの実ものっていて、適度な塩っ気も感じられる点が特徴です。

肉とトマトソースのどっしりとした風味とも相性が良く、「トッピングを自分で調節しながら食べたい」「ずっと同じ味だと飽きてしまいそう」という方におすすめです。

また、レタスやニンジン入りのサラダ、パン、ケーキも付いていて、野菜やデザートまでしっかりと楽しめるメニューになっています。

ローマ→羽田

この投稿をInstagramで見る

 

深井 教雄(@noriofky)がシェアした投稿

ローマから羽田までのビジネスクラス機内食は、なんとミシュランシェフが監修。

ミシュランで2つ星を獲得しているアルフォンソとエルネスト-イカリーノが監修しており、ミシュランシェフのシグネチャー料理を手軽に食べられるチャンスです。

前菜にはズッキーニのマリネ、メインではビーフステーキ、マッシュポテト、ニンジンが提供されています。

メインは魚料理も選べる仕組みになっているので、好みやその日の気分に合わせてチョイスしましょう。

\海外の人気ホテルが最大97%OFF!/

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、出発まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約もOK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため乗り換えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

ITAエアウェイズでイタリア旅行を楽しもう

ITAエアウェイズは、パスタを中心としたイタリア料理を楽しめる航空会社です。

ビジネスクラスにおいてはミシュランシェフ監修や見た目にこだわったメニューもあり、話題性や写真映えする機内食が食べたい方にもおすすめです。

ただし、メニューによっては味付けが濃いものもあるので、人によっては「味がイマイチ」「他の航空会社の機内食の方が美味しい」と感じてしまうケースもあるかもしれません。

自分にとって食べやすいメニューをチョイスして、フライト中も充実した時間を過ごしてくださいね。