※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年版】名古屋マリオットアソシアホテルのクラブラウンジを徹底レビュー

名古屋マリオットアソシアホテルには、クラブラウンジが2ヶ所併設されており、終日を通して、アフタヌーンティーや軽食、アルコールなどを楽しめます。

今回は2024年現在のクラブラウンジの様子をブログ形式でおとどけしていきます。

結論、名古屋マリオットのクラブラウンジは、アルコール・軽食の品揃えが豊富で満足度が非常に高く、絶対に利用したいクラブラウンジです。

クラブラウンジの様子やコロナ禍でのオペレーションの変更点が気になる方はぜひ読み進めてみてください。

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ!

名古屋マリオットアソシアホテルのクラブラウンジは2ヶ所

前提として、名古屋マリオットアソシアホテルのクラブラウンジは2種類存在します。

それぞれ詳しく見ていきます。

エリートメンバーラウンジ

エリートラウンジの入り口ホテル36階に位置するエリートメンバーラウンジ

一つ目のラウンジは、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員以上が入室できるエリートメンバーラウンジ。

エリートラウンジ内の様子

ラウンジ内は、クラシカルな空間。
ソファ席やテーブル席など様々なタイプの座席が用意されています。

テーブル席

座席数も多いため、混雑していて入室できないといった心配は少ないかもしれません。

エリートラウンジから見た夜景

またエリートメンバーラウンジは36階に位置しているため、高層階から眺める眺望は抜群!
昼夜通して、名古屋市内のパノラマビューを楽しめます。

コンシェルジュラウンジ

コンシェルジュラウンジの入り口ホテル15階に位置するコンシェルジュラウンジ

2つ目は、コンシェルジュフロア、スイートルーム以上のお部屋の方が入室できるコンシェルジュラウンジ。
混雑状況に応じて、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員以上の方でも入室可能となっています。

また、友人などを招待する場合、最大3名まで下記料金で利用できます。

ビジター料金
・朝食¥3,500
・アフタヌーンティー¥3,500
・カクテルタイム・ナイトキャップ¥6,000

コンシェルジュラウンジ全体の様子

ラウンジの天井は12m近くの吹き抜けとなっており、開放感あふれる空間。

電子式の暖炉のディスプレイ

電子式の暖炉のディスプレイもあり、居心地の良い空間を演出しています。

コンシェルジュラウンジから見た名古屋市内の景色

コンシェルジュラウンジはホテルの15階に位置しているため、エリートメンバーラウンジと比較すると低層階ですが、眺望は非常に良いです。行き交うJRや新幹線を眺められます。

電車好きの方にはたまらない景色ではないでしょうか。

関連記事>>【宿泊記】名古屋マリオットアソシアホテル |プラチナ特典やお部屋の様子をブログレビュー!

関連記事>>【2024年版】名古屋マリオットアソシアホテルの朝食ビュッフェが最高すぎた!

関連記事>>名古屋マリオットアソシアホテルのプールと大浴場を超詳細にレビュー!

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題!/

クラブラウンジのタイムスケジュール

クラブラウンジのタイムスケジュール表

クラブラウンジのタイムスケジュールは下記の通り。

ちなみに、エリートメンバーラウンジと、コンシェルジュラウンジによってタイムスケジュールや提供される料理に大きな変化はありません。

クラブラウンジのタイムスケジュール
・7:00~10:00:朝食
・10:00~15:00:フリードリンク
・15:00~17:30:ティータイム
・17:30〜20:00:カクテルタイム
・20:00〜22:00:ナイトキャップ

名古屋マリオットアソシアホテルのラウンジのタイムスケジュールの最大の特徴としては、アルコールが朝食の時間からナイトキャップまで終日いただけるところ!!

一般的なホテルのクラブラウンジではカクテルタイムのみのアルコール提供というケースが多いため、かなり太っ腹ですね!

朝からスパークリングワインを飲みながら朝食をいただく非日常を体験することも可能ですよ!

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題!/

クラブラウンジは子供も利用できる?

結論、時間帯によって利用できます。

小学生以下の子供については19時までアクセス可能です。

エリートメンバーラウンジ

さてここからは、エリートメンバーラウンジで提供されたフードプレゼンテーションをご紹介します。

フリードリンクタイム・ナイトキャップ

スパークリングワイン

まずは、フリードリンクタイム・ナイトキャップで提供されたドリンク類のご紹介です。

スパークリングワインはフランス産のPol Messer Brut(ポール・メッサー ブリュット)。

ネット検索でヒットしたスパークリングワインの価格

ネットで検索すると1本3000円程度のやや高級なスパークリングワイン。

マリオットホテルのラウンジだと、1本1000円前後のスパークリングワインを提供するケースが多いため、高級なスパークリングワインを用意されていることがわかります。

ラウンジにいる多くの方がスパークリングワインを飲んでいました。

赤ワイン

赤ワインはフランス産と南アフリカ産の2種類。
ミディアムボディで非常に飲みやすかったです。

シャンパンクーラー

シャンパンクーラーの中には、白ワイン、梅酒、日本酒などがありました。

リキュール類

リキュール類。

サワー缶

ホテルラウンジでは珍しい缶サワーの用意も。

ソフトドリンク

ソフトドリンク。

冷蔵庫の中に入っているアルコール類

冷蔵庫の中には、瓶ビールや、ペプシやペリエなどの炭酸飲料があります。

コーヒーマシーン

コーヒーマシーン。

ティーバッグ類

ティーバッグは、インドの高級紅茶ブランド「プレミアス」6種類のフレーバーから好きな紅茶を選べます。

ミックスナッツ

ミックスナッツ。
そのほか、ロータスのキャラメルビスケット、キスのチョコレートなどが終日提供されていました。

ティータイム

ティータイムになると、シェフの方がスイーツをビュッフェ台へ持ってきてくれます。
自分で好きなものを取るスタイルです。

ワッフルやスコーン

2種類のワッフルに3種類のスコーン。
お好みでマスカルポーネクリームやジャムを付けてどうぞ。

ブラウニー

濃い抹茶のブラウニー。

ティラミスやマンゴーゼリー

ティラミスにマンゴーゼリー。

また撮影し忘れましたが、ベリー、チョコレート、ミルクレープの3種類のミニケーキもありました。

ピックアップしてきたスイーツ

色々とピックアップしてきました。どれもホテルクオリティのスイーツで非常に美味しかったです。
個人的には、濃い抹茶のブラウニーとミルクレープがダントツで好みでした!

ちなみに今回、2泊3日の滞在だっため、計2回ティータイムを利用したのですが、両日全く同じメニューでした。
連泊で利用される方もいると思うので、せめて1種類ぐらいは違うスイーツを提供してほしかったです(笑)

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題!/

カクテルタイム

カクテルタイムに提供されたコールドミール

カクテルタイムになると、アルコールのお供に最適な軽食が提供されます。
名古屋マリオットホテルの場合、冷製オードブルがバイキング。

ホットミールはシェフの方が提供してくれる形式でした。

宿泊した1日目のコールドミールは、パストラミビーフ、鶏とキャベツのセロリサラダ、チーズとナッツ。

ホットミール

ホットミールは、豚バラ肉のポトフ、カボナータのグラタン、赤魚のレモンペッパーマリネ焼き。

盛り付けた軽食

盛り付けた料理になります。ワインに合うようなお料理ばかりでテンションが上がります!

パストラミビーフがややしょっぱい味付けでしたが、どのお料理も非常に美味しく、あっという間に完食。

あまりお腹は空いていなかったのですが、もう一皿食べたくなったのでシェフの方にお願いしてみたところ、特別に2皿目も用意していただきました。

盛り付けた軽食

2日目のカクテルタイムのメニューはこちら。パストラミビーフとチーズとナッツは昨日の料理と一緒。

そのほかは、白身魚のフライやビーフシチューなど、昨日とは全く異なるメニューでした。

もちろん、昨日同様どれも美味しかったです。
カクテルタイムのお料理については日替わりでメニューに変化があるため、連泊して利用される方もきっと満足されると思います。

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題!/

コンシェルジュラウンジ

フリードリンクタイム

コンシェルジュラウンジでいただいたアイスコーヒー

フリードリンクタイムで提供されるドリンクとお菓子類については、エリートメンバーラウンジとほぼ同じのため割愛します。

樽生式のスパークリングワイン

唯一の違いといえば、スパークリングワインが樽生式になっている点。
イタリアから直送された本場の味をそのままいただけます。

朝食

クラブラウンジのアクセス付きの宿泊客は、ロビー階のオールディダイニング「パーゴラ」もしくはコンシェルジュラウンジでの朝食の選択が可能です。
そのため、1日目はパーゴラで朝食をいただきました。

そのときの朝食レポートについては下記の記事にまとめてあるので気になる方はチェックしてみてください。

2日目はコンシェルジュラウンジにていただきました。

コンシェルジュラウンジでの朝食は、洋食・和食の2種類から選べます。

和食については、数量限定の用意ですぐに売り切れになると、スタッフの方から聞いたため、チェックインのタイミングで事前に予約しておきました。

おぼん一式で運ばれてくるコンシェルジュラウンジの朝食

和食はセット形式で運ばれてきます。

西京漬けの白身魚や冬瓜の梅煮など、朝から贅沢な和食のラインナップ。

どれも料亭クラスの味わいで美味しくいただきました。

パンやサラダコーナー

和食・洋食のプレートメニューの他、パン・サラダ・フルーツ類はビュッフェ形式となっており、好きなものを好きなだけ取れます。

バルミューダのトーストター

パーゴラのパンのラインナップに比べると少なめ。
バルミューダのトーストに入れて焼くことも可能です。

あんバター

名古屋名物のあんバターも用意されています。
試しにクロワッサンに付けて食べてみましたが、かなりの絶品!
あんことクロワッサンの相性は抜群です!!

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法とは!?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方も発行をおすすめします!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限に変更するため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

名古屋マリオットアソシアホテルのラウンジはかなりおすすめ!

エリートラウンジでいただくスパークリングワイン

今回は名古屋マリオットアソシアホテルのラウンジをご紹介しました。
エリートラウンジ、コンシェルジュラウンジどちらも居心地の良い空間で、非日常の上質な時間を味わうにはぴったりのラウンジでした。

また、カクテルタイムのお料理のクオリティ、アルコール類の品揃えも豊富で、お酒好きの方にはとくにおすすめのラウンジと言えます。

今回の滞在中、コンシェルジュラウンジでのティータイムやカクテルタイムの時間を過ごせなかったので、次回名古屋を訪れる際は訪問してみたいです!