※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年版】ザ・プリンスパークタワー東京の朝食を徹底レビュー!

ザ・プリンスパークタワー東京の朝食会場は計3箇所あり、洋食・和食のセットメニュースタイルで朝食を楽しめます。

宿泊した際にホテル最上階にあるレストランにて、洋食のセットメニューをいただいたのでそのときの様子を徹底レビューします!

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

ザ・プリンスパークタワー東京の宿泊レビューはYouTube上でも公開中!

ザ・プリンスパークタワー東京の宿泊レビューはYouTube上でも公開しております。
動画の方がより詳細に宿泊レビューをお届けしているのでぜひご覧ください。

ザ・プリンスパークタワー朝食の基本情報

ザ・プリンスパークタワーの朝食会場は全3箇所となっています。

レストラン名 ジャンル 料金 営業時間
ブリーズヴェール(ホテル33階) アメリカンブレックファースト ¥2,500〜 7:00~10:30(L.O.10:00)
芝桜(ホテル地下1階) 和朝食御膳 ¥3,570 7:00~10:30(L.O.10:00)
インルームダイニング アメリカンブレックファースト/和朝食 ¥2,000〜 6:00~11:00(和食は7:00~10:00まで)
【臨時】中国料理 陽明殿 ビュッフェ形式   7:00~10:30(L.O.10:00)

一番人気の高いレストランは、ホテル最上階に位置する「レストラン ブリーズヴェール」。
週末や連休などは、かなり混雑するため、8:30以降に訪問すると最大15分~20分程度待つ必要があります。

待つことが苦手という方は地下1階の和朝食セットを提供する「芝桜」かインルームダイニングで朝食を食べることをおすすめします。

また、朝食付きプラン予約の方は追加料金を支払うことでインルームダイニングでの朝食に変更も可能です。

ただし前日までの予約制となっているため、0:00までにインルームサービスへ連絡、もしくはお部屋に置いてある紙に記入してホテルのドアノブにかける必要があります。

また、週末など宿泊客で混雑する場合は臨時でビュッフェ形式の朝食会場を設置するようです。

レストラン ブリーズヴェールにて朝食

 ブリーズヴェールのロゴ

今回はブリーズヴェールで朝食をいただくことにしました。

レストランに訪問したのは日曜日の9:00ごろ。
既に5組ほど順番待ちとのことで、比較的空いている地下1階の和朝食またはビュッフェ形式の朝食を勧められましたが、眺望を見ながら朝食を楽しみたかったので、待つことにしました。

バーの様子

待つ際は、ブリーズヴェールの隣にあるバーラウンジをウェイティングスペースとして設けています。

ウェイティングスペース

順番が来るまで座って待てるため、億劫な気持ちにはなりませんでした。

ウェイティングスペースから眺める東京タワー

目の前には東京タワーの景色が広がっているため、むしろ待って良かったです。

約10分後に呼び出しを受け、ブリーズヴェールの店内の中に入っていきます。

ブリーズヴェール店内の様子

店内は高級感と開放感を感じられる空間。
各席に白いテーブルクロスがひかれており、高級レストランの雰囲気を感じられます。

ブリーズヴェールからの景色

レストランからの眺望は東京タワー側と反対のため、バーラウンジに比べると景色はやや見劣ります。
ですが、高層階からの眺めるシティービューは圧巻ですよ◎

セットメニュー表

朝食付きプランを予約されている方はアメリカンブレックファーストまたはカリフォルニアブレックファーストから選べます。

それぞれのセットメニューの違いはメイン料理です。
アメリカンブレックファーストの場合は、卵料理、カリフォルニアブレックファーストの場合はサラダがメイン料理となっています。

セットメニューの中には選べるドリンク、ベーカリー、ヨーグルト、コーヒー・紅茶が含まれています。

ドリンクメニューは下記の通りです。

ドリンクメニュー
・温州みかんジュース
・グレープフルーツジュース
・クランベリードリンク
・マンゴードリンク
・トマトジュース
・ホテルメイドフルーツウォーター

テーブル

今回は、アメリカンブレックファーストとカリフォルニアブレックファーストそれぞれ注文してみました。

アメリカングレックファースト

温州みかんジュース

まずはアメリカングレックファーストのメニューをご紹介します。

まずは、温州みかんジュース。
みかんの粒感が感じられるフレッシュなみかんジュースです。

以前、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町の朝食で提供されたみかんジュースと同じのような気がします。

連れはマンゴージュースを選択。
味は濃く、マンゴーをそのまま絞ったような味わい。

撮影し忘れましたが、ジュースが提供されるタイミングでコーヒー紅茶を提供していただけます。
コーヒー・紅茶に関してはおかわり自由。
アイスに変更することも可能です。

グリーンサラダ

グリーンサラダ。

オリーブオイルとビネガー風味のドレッシングがかかっていて美味しかったです。

フルーツヨーグルト

フルーツヨーグルト。

ヨーグルトの中に、いちご・キウイ・パイナップルなどが入っています。
ヨーグルトはすっぱさが無く、美味しくいただけました。
テーブルの上に置いてあるジャムを加えても美味しいですよ。

トーストとクロワッサン続いて、ベーカリーが2人分運ばれてきました。

トーストとクロワッサン。
トーストは、テーブルに置かれているジャムやバターをつけていただきます。

クロワッサンはパリッとした感じがあまりせずいまいちでした。
焼きたて後から少し時間が経過したものが提供されているような感じがして少々残念でした。

いちごののったデニッシュ系のパンとブリオッシュ

また、スタッフの方が追加で選べるパンを2種類持ってきてくれました。
いちごとカスタードがのったデニッシュ系のパンとブリオッシュ。
こちらは両方とても美味しかったです!

メイン料理のオムレツ

最後にメイン料理のオムレツが到着!
綺麗なオムレツです。
付け合わせは、ソーセージにベーコン、ボイル野菜など。

ケチャップをかけていただきます。

オムレツはシンプルで味わいで美味しかった◎
個人的にはチーズ、マッシュルーム、ベーコンなどの具材が入ったオムレツの方が好きですね。

カリフォルニアモーニング

華やかなグリーンサラダ

続いてカリフォルアモーニングのメイン料理をご紹介します。
カリフォルニアモーニングのメイン料理はガーデンサラダ。
彩り豊かなサラダにグリルで焼き上げたベーコンがのっています。

見た目もおしゃれでテンション上がること間違いなしです!

ドレッシングはアメリカンブレックファーストで提供されたグリーンサラダと同様に、オリーブオイルとビネガーを混ぜたホテルオリジナルのドレッシングがかかっています。

朝はあまり食欲が無いという方はカリフォルニアモーニングを注文すると良いかもしれません。

カットフルーツの盛り合わせ

また、連れがヨーグルトを食べられない旨を説明すると、フルーツヨーグルトからカットフルーツの盛り合わせに変更していただきました。

メロンやいちご、パイナップルなど、なかなか豪華なフルーツの盛り合わせですね。

朝から食欲が無い、ヨーグルトは苦手といった方はヨーグルトが食べられない旨を伝えると良いですよ。

ザ・プリンスパークタワーの朝食はクオリティが高く満足度が高い!

お部屋から眺められる東京タワーザ・プリンスパークタワー東京の朝食は、パンのクオリティを除けば、どれも非常に美味しいと感じました。
白いテーブルクロスが敷かれた高級感を感じられる空間でいただく朝食の時間はまさに至福のひととき。

また、スタッフの方の対応も丁寧で気持ちよく朝食を楽しめます。

朝食を付けるかどうか迷われている方はぜひ朝食付きプランを予約されることをおすすめします!

ザ・プリンスパークタワー東京でワンランク上の朝食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次回宿泊する際は、日本料理芝桜の和朝食も食べてみたいです!

あわせて読みたい記事はコチラ