※こちらのページはプロモーションを含みます。

シンガポール航空のシルバークリスラウンジを徹底レビュー

アジアナンバーワンラウンジとの呼び声高い、シンガポール航空が運営している「シルバークリスラウンジ」

トランジットでチャンギ国際空港を訪れた際に利用してみました。

結論、快適すぎました...

同じスターアライアンス系のANAやタイ航空のラウンジよりもワンランク上。ラウンジの空間、料理のクオリティやドリンクの品揃えなど、文句の付け所がありません。それぐらい洗練されたラウンジです。

そこで今回はチャンギ国際空港のシルバークリスラウンジの利用条件やラウンジ内を徹底レビューしていきます!

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

シルバークリスラウンジの利用条件

シンガポール航空のラウンジは2種類存在し、それぞれのラウンジによって対象者が異なるので確認しておきましょう。

シルバークリスラウンジ→スターアライアンスメンバーに加盟している航空会社のビジネスクラス以上の方が利用できるラウンジ

ANA便やタイ航空などのビジネスクラス以上に搭乗される方も利用できるラウンジです。

クリスフライヤーゴールドラウンジ→スターアライアンス便に搭乗するスターアライアンスゴールドメンバーの方が利用できるラウンジ

こちらのラウンジはスターアライアンスゴールドメンバーの方専用ラウンジとなっています。

シンガポール航空のビジネスクラスに搭乗し、トランジットでクリスフライヤーゴールドラウンジの入室を試みたのですが、ビジネスクラス搭乗者の方はシルバークリスラウンジに行ってください。と言われラウンジのはしごはできませんでした。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

シルバークリスラウンジの場所と営業時間

シンガポール航空のシルバークリスラウンジは第二、第三ターミナルに設置されていて、ANA便を利用される方は基本的に第二ターミナル、シンガポール航空の場合は第二、第三ターミナルを利用します。

第二ターミナルのシルバークリスラウンジは3階にあります。

出発ゲートが2階にあるので、エスカレーターまたは、エレベーターで3階に行く必要があります。

チャンギ国際空港第二ターミナルマップ

第二ターミナルのシルバークリスラウンジに行くためには、第二ターミナルにある「Wines&Spirits by DFS」といったショップを目指しましょう。

ラウンジの案内板

こちらのショップ付近に到着すると、このような看板が見えてくるのでそのままエスカレーターを昇るとラウンジが見えてきます。エレベーターを昇ると、最初にクリスフライヤーゴールドラウンジが見え、その奥にシルバークリスラウンジがあります。

ターミナル3も同様に2階の出国ゲートを超え、3階に続きエスカレーターもしくはエレベーターに昇ることで、クリスフライヤーゴールドラウンジ、シルバークリスラウンジが見えてきます。

シルバークリスラウンジは第二、第三ターミナル共に24時間営業です。

画像に表記されているSATS Premier Loungeはプライオリティパスを所有しているとアクセス可能なラウンジです。
プライオリティパスを初年度タダで発行できるカードはこちらの記事でご紹介しているので併せてチェックしてみてください!

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

シルバークリスラウンジ内の様子

シルバークリスラウンジ入り口

今回は、チャンギ国際空港第二ターミナルのシルバークリスラウンジを紹介していきます。

香港国際空港にあるシルバークリスラウンジを利用したことがあるのですが、クオリティが高く、大満足だったので今回も期待大です!さっそく訪問していきましょう。

ダークトンを基調とした豪華なラウンジ

ラウンジ内はダークトーンを基調にまとめられており、高級感があります。ソファもゆったりとした作りになっており仮眠を取られている方もいらっしゃいました。
一人がけのソファが多い点はANAラウンジと似ていますね。

ラウンジ全体はゆとりある設計

座席数もかなり多いので、すし詰め状態といったことはありません。

LG製のスチームクローゼット

LG製のスチームクローゼット(クリーニング機)もありました。ビジネスマンの方には重宝しそうなマシーン。

ビジネスマンに重宝するワーキングデスク

ラウンジ内にはビジネスデスクも用意があり、多くのビジネスマンの方がお仕事をされていました。私も次のフライトまで4時間ほど時間があったためこちらのデスクで仕事をしました。非常に快適。

清潔感のあるシャワールーム

シルバークリスラウンジにはシャワールームもあります。

シャワールーム内は清潔感があり、快適に利用できそう。シンガポールは年中常夏なので、シャワーで汗を流してから飛行機に搭乗する贅沢もできちゃいます。

シャワールームのアメニティ

シャワールームは、歯ブラシ、コーム、髭剃り、化粧水といった基礎的なアメニティが揃っていました。航空会社が運営しているラウンジでも、アメニティを全く設置していないラウンジもあるので、アメニティが揃っているのは嬉しい。

様々な種類のドリンク

ここからは、軽食やドリンクコーナーを簡単にご紹介します。

山のように積まれたソフトドリンク。

冷えたジョッキ

冷えたジョッキもあります。キンキンに冷えたビールを楽しめますよ!ビールの撮影は忘れてしまいましたが、シンハービールやハイネイケンなどの缶ビールがありました。

本格的なコーヒーマシーン

本格的なコーヒーマシーンもあり。ラテ、エスプレッソ、なんでも作れる凄腕マシーン。

TWGのティー

シンガポールといえば、シンガポールの高級ティーブランド「TWG」ですよね。シンガポールでTWGのアフタヌーンティーを楽しむ予定の方も多いのではないでしょうか。

高級ティーブランドということもあり、お値段はかなりお高い!

通販サイトを見てみると、15パック入って4000円程度で販売されています。シルバークリスラウンジは、そんな高級紅茶が飲み放題なんです!まさにTWG天国!

イングリッシュブレックファーストティーやバニラティーなど、様々なフレーバーを楽しめます。このような高級ティーバッグをラウンジに置いてるなんて太っ腹です。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ワインやウォッカ類

ワインやウォッカなどのアルコール類の種類の豊富です。

フレッシュなフルーツから食べごたえのあるサンドイッチ

フレッシュなフルーツから様々な種類のサンドイッチも置いてあります。サンドイッチはなかなか大きく食べごたえがありました。色々な料理を楽しみたいのでもう少し小さくてもよかった...

新鮮なサラダ

サラダの種類も結構あります。

絶品のハニーレモンチキン

そして、シルバークリスラウンジはホットミールの種類も豊富。よくラウンジにありがちな、冷凍食品を解凍しただけのようなメニューは並んでおらず、厨房でしっかり調理された料理が並んでいます。

経費を削減するために炭水化物類やコールドミール中心としたメニューを提供しているラウンジも多い中、シンガポール航空のラウンジはホットミールの種類が豊富で、ランチやディナーの代わりとして十分活用できると思いました。

今回のラウンジ訪問で一番美味しかった料理はハニーレモンチキン!

ほんのり甘辛いソースで煮たチキンは柔らかく、日本人好みの味で、何個も食べました。

個人的にはラクサよりもこちらのチキンの方がクオリティ高めです!

ラクサ

シンガポールラクサは私がラウンジを訪問した時間帯はピークの時間帯を過ぎていたので、ビュッフェの台に置かれていました。時間帯によってはスタッフの方が目の前で調理したラクサを提供してくれるそうですよ。

エビワンタンの入ったヌードル

時間帯によってはエビのワンタンが入ったあっさりダシのヌードルも提供されています。これもなかなか美味い。

南インド伝統のスナックBondaもありました。日本ではあまり見かける料理ではないので珍しい。

海鮮焼きそば

野菜焼きそば

本格的な中華料理

名前は忘れてしまいましたが、本格的な中華料理

ミートパスタ

ミートソースベースのパスタ。

種類の豊富さだけでなく、お料理のクオリティも高いので、さすがアジアNo.1の呼び声の高いシンガポール航空のラウンジだなと思いました。クオリティの高さに脱帽です。

また、第二ターミナルはシンガポール航空のサブ的なターミナルとなっているので、シンガポール航空がメインで利用している第三ラウンジに比べるとこぢんまりとしたラウンジですが、こぢんまりとしているからこそ人の出入りも激しくなく、快適な時間を過ごすことができました。

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、出発まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約もOK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため乗り換えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

シンガポール航空のシルバークリスラウンジは最高だった!

シルバークリスビジネスクラスラウンジ

今回はチャンギ国際空港にあるシルバークリスラウンジの利用条件やラウンジの内容について詳しくご紹介しました。

私自身、アジアを中心にプライオリティパスで利用できるラウンジから航空会社のラウンジまで様々なラウンジを利用しますが、シンガポール航空のシルバークリスラウンジはアジアナンバーワンといっても過言ではないと思いました。

ぜひ、チャンギ国際空港を利用する際は、訪問してみてくださいね!

あわせて読みたい記事はこちら