※こちらのページはプロモーションを含みます。

【宿泊記】リッツカールトン東京のプラチナ特典・客室をブログレビュー!

開業から15年目を迎えてもなお、人気が全く衰えない、東京を代表するラグジュアリーホテル、リッツカールトン東京。

今回はリッツカールトン東京を徹底ブログレビューしていきます!

「お部屋の様子は?」「プラチナエリート会員の特典は?」「クラブフロア限定の特典は?」など、宿泊前に気になるポイントをわかりやすくまとめてみましたので参考にしていただけると幸いです。

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ!

リッツカールトン東京のロビー&レセプション

リッツカールトン東京の入り口

ずっと念願だったリッツカールトン東京のホテルステイのはじまりです!
今回は電車を利用したため、東京ミッドタウンのガレリア方面の入り口からホテル館内へと進みます。

駐車場を利用される方は1泊につき6,000円の駐車料金が発生します。(バレーパーキング料金を含む)

エレベーター内

エレベーターに乗り、ロビー階の45階を目指します。

ロビー&レセプション

ロビー階に到着すると、高さ10メートル以上の吹き抜けたラグジュアリーな空間が広がります。

クリスマスツリー

私が宿泊したときは、クリスマスシーズンだったため、ロビーラウンジには全長6メートルのクリスマスツリーが飾られていました。迫力がありますね!

リッツキッズコーナー

また、ロビー階にはリッツキッズと呼ばれる、小さいお子さんが遊べるスペースも用意されています。

クラブフロアでチェックインしている様子

今回はクラブフロアの宿泊だったため、チェックインはクラブラウンジにて。
シャンパンをいただきながら優雅にチェックインできました。

クラブフロア宿泊客専用特典

クラブフロア専用のルームキー

クラブフロアに宿泊されるゲストは通常エリアに宿泊されるゲストとは異なる特別な特典が用意されています。
特典は下記の通り。

リッツカールトン東京クラブフロア宿泊者専用の特典
・クラブラウンジのご利用(午前7時~午後10時)
・専任のクラブコンシェルジュ
・パーソナルチェックイン、チェックアウト
・プレス無料サービス(1滞在につき5着まで)
・モーニングコール&コーヒーサービス

クラブフロアの最大の特典といえば、1泊につき計5回のフードプレゼンテーションが行われるクラブラウンジのアクセスでしょう。

リッツカールトン東京のクラブフロアは日本最高峰との呼び声が高いクラブラウンジです。

アフタヌーンティーセット

本格的なティースタンドで提供されるアフタヌーンティーからはじまり、終日を通して、シャンパンをいただけるなど、まさに贅の極みを体験できるラウンジとなっています。

スイーツとリッツカールトン東京オリジナルのボクテル

クラブラウンジの訪問記は下記の記事をご確認ください。
リッツカールトン東京クラブラウンジをブログレビュー!究極の贅沢を体験!

モーニングコーヒー/紅茶のサービス

モーニングコーヒー

クラブフロア宿泊者専用の特典として、モーニングコールのタイミングでコーヒー・紅茶をホテルスタッフの方がお部屋まで持ってきていただけます。

今回は2人で滞在したため、コーヒー・紅茶それぞれ一つずつ注文。

コーヒーはネスプレッソマシーンのようなインスタント感はなく、非常に飲みやすかったです。
クラブフロアに宿泊される方はぜひ利用されてみてください。

マリオットボンヴォイエリート会員特典

リッツカールトン東京ではマリオットボンヴォイエリート会員向けに豊富な特典を用意しています。
ゴールドエリート会員の特典とプラチナエリート会員の特典はそれぞれ下記の通り。

ゴールドエリート特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト14時まで(お部屋の空き状況による)
・滞在ごとに25%のボーナスポイントを獲得
・ウェルカムギフト
プラチナエリート特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト16時まで(お部屋の空き状況による)
・ウェルカムギフト
・滞在ごとに50%のボーナスポイントを獲得
・ヒートエクスペリエンスの利用が無料

エリート会員特典が記された紙

リッツカールトン東京では、マリオットボンヴォイゴールドエリート会員以上の方向けに選べるギフトが用意されています。
特典は下記の通り。

選べるギフト特典
・ご滞在につき、レストランまたは、インルームダイニングで使用できる3000円のルームクレジット
・タワーズでの毎日朝食の30%ディスカウント
・SPA15%ディスカウント
・季節のフルーツ
・マリオットボンヴォイ500P(プラチナエリート以上は1,000ポイント)

今回はインルームダイニングで使用できる3,000円のルームクレジットを選んでみました。

インルームダイニングで注文した親子丼

3000円のルームクレジットを利用して、日本食レストラン「ひのき坂」より提供される大山鶏の親子丼(3400円税・サ込)を注文。

高級料亭で食べるようなクオリティの味わいでかなり満足度が高かったです!

マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員特典の詳しい全貌についてはこちらの記事をご確認ください。

マリオットボンヴォイゴールドエリート会員については、「マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカード」を持つだけでゴールドエリート会員が付与されます。
ぜひリッツカールトン東京に宿泊される際は、ゴールドエリート会員になって宿泊されてみてはいかがでしょうか。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典について下記の記事で詳しくまとめています。

クラブデラックスキングルーム

お部屋の入り口

リッツカールトン東京の客室は47階〜53階に位置しているため、どの客室を予約されても高層階が確約されています。

今回はホテルの中でも高層階に位置する52階にアサインしていただきました。
さて、お部屋の中へ入っていきましょう。

ベッドルーム

お部屋全体の様子

お部屋はヨーロピアンなクラシカルなデザインと和が融合したラグジュアリーな空間が広がります。
お部屋の広さは52m2と、ゆったりした作り。
こちらのお部屋は窓が2面式になっているため、思った以上に広さを感じます。

お部屋からの眺望

窓からは東京のパノラマビューを一望できます。
絶景とはまさにこのこと!

目の前には青山方面の景色、その奥には新宿方面の景色が広がります。

お部屋から見える夜景

夜景も申し分なし!
眺望重視でホテル選びをされている方は、きっと納得のいく眺望のはずです!

ベッド

ベッドはキングサイズ。
マットレスはシモンズ社製のホテルオリジナルベッド。
硬すぎず、柔らかすぎず、絶妙な硬さで熟睡できました。

シーツはイタリア最高級のフレッテ社製のリネン。
肌触りが良く、心地良い睡眠のサポートしてくれます。

ベッドサイドにあるBluetoothスピーカー

ベッドサイドには、アメリカのオーディオメーカーTivoll Audio(チボリ・オーディオ)のBluetoothスピーカー。
音質はBOSE製に比べるとやや重低音に欠ける音質でした。

また、ベッドサイドにあるボタン一つで照明の調整や電動カーテンの開閉などの調整可能。

ワーキングデスク

ベッド横には、ワーキングデスクとチェアを完備。
ステイケーションなどでホテルステイされる際に便利ですね!
また、インルームダイニングなどを注文して食事する際も非常に便利です。

イラスト付きのお部屋説明書

引き出しを開けると、イラスト付きで客室の各種設備のマップが記されている紙が入っていました。

窓際にあるソファ

窓際には一人がけ用のソファが2つ用意。
ふかふかしていて、座り心地は非常に良かったです◎

ウェルカムアメニティのチョコレート

今回記念日ステイであることをあらかじめ伝えていたところ、ホテル側のご好意により、ウェルカムアメニティとしてチョコレートをいただきました。

ホテル1階のペストリーショップにて、1個400円程度で販売されている高級なチョコレートでした。

記念日や誕生日ステイを検討されている方は、宿泊前にあらかじめ宿泊する目的を伝えておくと、ホテルからちょっとしたサービスを受けられる場合(特に高級ホテル)があるので、事前にホテルとコミュニケーションを取ると良いですよ。

SONY製60型液晶テレビ

テレビはSONY製の60型液晶テレビ。
外資系ホテルらしく、CNNなどの海外ニュース番組やスポーツ番組が見られます。

ですが、スマートテレビには非対応。
大画面でYouTubeやNetflixなどを楽しみたい方は外部端末の持参がおすすめです。

アップルTVの外部端末であれば無料貸し出しが可能とのことでした!

ウェットエリア

次はウェットエリアを見ていきましょう。

シンク

シンクはダブルシンク。
黒の大理石とダークウッド調のデザインがアクセントなり、クラシカルなデザインとなっています。
蛇口が曲線を描いており、非常に高級感がありますね!

基礎アメニティ類

基礎アメニティは箱の中に一つずつ収納されています。
こちらも高級感を感じますね。

ちなみに、基礎化粧品セットもホテルで用意されていますが、1セットにつき800円と有料。
そのため、なるべく持参されることをおすすめします。

レプロナイザーのドライヤー

ドライヤーはレプロナイザーの4D PLUS。1台5万円程度する超高級ドライヤー。
パレスホテル東京やペニンシュラホテル東京など、都内の高級ホテルのドライヤーの定番モデルとなりつつあります。

髪の毛の潤いを保ちながら、素早く髪を乾かせますよ。

バスルーム

バスルームはシャワールームとバスタブの独立式。
日本人にはやや使いづらい作り。

シャワーはレインタイプとヘッドタイプの2種類。
シャワーの水圧は若干弱め。
経年劣化のせいか、シャワールームのタイルは少し剥がれ落ちていたりと、メンテナンスが必要と感じました。

バスアメニティ

バスアメニティは、リッツカールトン共通の「アスプレイ」のパープルウォーター。
英国王室御用達のブランドとして有名です。

※2023年以降、アスプレイのバスアメニティは廃止。代わりに、ディプティックの持ち帰り不可のボトルが置かれています。

バスタブ

バスタブはかなり大きめの作り。
身長が180cm以上の方でも足を曲げることなく、お湯に浸かれる広さです。

ただ、バスタブは若干浅めの作りのため、肩までゆっくり浸かりたい方には使い勝手が悪いかもしれません。

バスタブの蛇口から水が流れる様子

お風呂はあっという間にお湯がたまります。

バスソルト

バスソルトもあらかじめ用意されています。

ミニバー

ミニバーコーナー

ミニバーもクラシカルなデザイン。

ネスプレッソマシーン

ミニバーの上には、ネスプレッソマシーン、デロンギ製の電気ケトルなどが用意されています。
コーヒーカプセルは全3種類。
コーヒーマシーンのタンクにはあらかじめ、水が入っており、すぐに淹れたてのコーヒーを飲めます!

コーヒーマシーンにあらかじめ水が入っているホテルはリッツカールトン東京が初めてでした!
リッツカールトン東京のホスピタリティの高さを感じます。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターはターンダウンを含めて計4本無料。

追加で必要な場合は、ホテルへリクエストすれば何本でもいただけますよ。
環境に配慮してか、ボトルはアルミ缶タイプでした。

アルミ缶に入っているミネラルウォーターはペットボトルと比べて味が劣る気がするのですが、気のせいでしょうか?

ヨックモックのシガール

ヨックモックのシガール×2本用意されています。
こちらは無料でいただけるお菓子とのこと。
ティータイムのお菓子に最適です。

ティーセット

引き出しの中には、ティーセットが入っています。
ティーバッグはルピシア。
ダージリン、カモミール、緑茶の3種類。

冷蔵庫の中身

冷蔵庫の中には、有料のドリンクがびっしり収納されています。
持参したドリンクを収納するには少々不便です。

シャンパン
シャンパンはハーフボトルのKRUG。
さすが、リッツカールトンですね。
ハーフボトルでもミニバー料金で1本36,400円(税・サ込)ほどします。
そのほかも、ペプシコーラの350mlの缶で、1300円。
どれも、リッツカールトン料金ですね(汗)

そのため、お部屋で楽しむドリンクやスナック類は、東京ミッドタウン周辺にあるコンビニか、地下1階にあるスーパーマーケットで調達されると良いですよ。

スナック類

スナック類やホテルオリジナルのボクテル。

グラス

グラス類。
ターンダウン後には、アイスペールの中に氷が用意されていました。

クローゼット

クローゼットの中身

クローゼットの中は広々。

バスローブは膝丈までの小さめの作り。
生地はごわごわしており、着心地はあまり良くなかったです。

パジャマ

リッツカールトンロゴ入りのパジャマ。
エジプト綿を100%使用した高級パジャマです。
上下セパレート式。

また、靴磨きサービスも無料でしていただけます。
ただし、革靴のみの対応。

スニーカーなどの靴磨きは対応不可とのことでした。

スリッパ

スリッパはふかふかタイプ。
履き心地は非常に良かったです!

クラブフロアの宿泊はマリオットポイントを使った宿泊がおすすめ!

リッツカールトン東京クラブフロアの価格

今回宿泊したリッツカールトン東京のクラブフロアは、平均して1泊2名で10万円前後します。
1泊のホテルステイに10万円も支払えない。という方は多いはず。

ですが、リッツカールトン東京は、ポイントによる無料宿泊が可能なホテルの一つ。

ポイントで宿泊できる例

クラブフロアをポイントで予約する場合は、30,000円+70,000ポイント程度で予約が可能。
すなわち、ポイントを利用すればたった30,000円ほどで1泊10万円するお部屋を予約できるわけなんです!

関連記事>>【完全攻略】マリオットアメックスの無料宿泊特典のすべて!おすすめホテルや予約方法もご紹介

アクセス情報

リッツカールトン東京の最寄り駅は、東京メトロ日比谷線|六本木駅もしくは都営大江戸線|六本木駅。
それぞれの駅の地下を経由して東京ミッドタウンまで行けます。

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法とは!?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方も発行をおすすめします!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限に変更するため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

ザリッツカールトン東京は日本No1のラグジュアリーホテルだった

お部屋からの東京のシティービュー

今回はザリッツカールトン東京のクラブデラックスルームのお部屋をご紹介しました。

ザリッツカールトン東京の客室はクラシカルなデザインでまさに王道の5つ星ホテルといった印象を受けました。
また、高層階から眺める東京のパノラマビューも圧巻の景色で非日常のホテルステイを楽しめます。

ぜひ、パートナーとの大切な記念日や誕生日にザリッツカールトン東京でホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

◾️一生に一度は泊まりたい都内の高級ホテルおすすめはこちら

東京の高級ホテルおすすめ10選!選び方や人気ホテルを紹介