※こちらのページはプロモーションを含みます。

ティーウェイ航空の手荷物ルールは厳しい!受託手荷物・機内持ち込み別に解説

ティーウェイ航空はLCCということもあり大手航空会社に比べ手荷物のルールが厳しいことで有名です。

そのため、事前に手荷物ルールを確認しておかなければ空港チェックインカウンターでドタバタしてしまい、飛行機に乗り遅れてしまうリスクがあります。

そのような最悪な事態を防ぐためにも、今回はティーウェイ航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて詳しく解説していきます。

また、私がティーウェイ航空を利用したときの失敗談についてもご紹介するので併せて参考にしてみてください。

*こちらの記事は日本⇄韓国路線の情報を中心にご紹介しています。

この記事を書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上の経験アリ
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジがタダ!
初年度年会費無料の最強クレカ

ティーウェイ航空の受託手荷物ルール

まずは受託手荷物のルールを確認していきましょう。

ティーウェイ航空の場合、3辺の合計が203cm以内の手荷物を30kgまで預けられます。

203cm以内のサイズ感ですが、キャリケースのLLサイズでも全然問題ないサイズ感です。

日本⇄韓国線

日本⇄韓国線
運賃 無料の受託手荷物枠
イベント運賃 なし
スマート運賃 15kgまで無料
一般運賃 20kgまで無料
ビジネス運賃 30kgまで無料

最安値運賃であるイベント運賃は無料の受託手荷物の枠が付いていないことに気をつけましょう。

韓国国内線

韓国国内線
運賃 無料の受託手荷物枠
イベント運賃 15kgまで無料
スマート運賃 15kgまで無料
一般運賃 20kgまで無料
ビジネス運賃 30kgまで無料

Yusuke

イベント運賃から15kgまでの受託手荷物枠の追加には5,000円/50,000KRW必要です。

ベビーカーチャイルドシートはどちらか1個無料で預けることも可能です。

ゴルフ用品

ゴルフ用品は受託手荷物として預けられます。

前述した無料の受託手荷物の範囲内の規定に収まるのであれば別途手数料は発生しません。

スポーツ用品

スポーツ用品を受託手荷物として預けることも可能です。

ただし以下のスポーツ用品に関しては受託手荷物として預ける場合、追加で料金が発生するので注意しましょう。

スポーツ用品 徴収料金
自転車
スキー
スノーボード
サーフボード
ダイビング機材等
一律一個につき日本発は実質重量+1,000円
一律一個につき韓国発は実質重量+10,000ウォン

その他のスポーツ用品を預ける予定がある場合は事前にティーウェイ航空のカスタマーサポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。

\ソウルの人気ホテルが最大97%OFF!/

ティーウェイ航空の受託手荷物の超過料金

ティーウェイ航空で手荷物が超過してしまった場合、追加料金を支払うことで手荷物を預けられます。

超過料金には前提として「搭乗ゲート委託手荷物処理手数料」という手数料が国際線の場合、2,000円/20,000KRW、韓国国内線の場合は1,000円/10,000KRW発生します。

Yusuke

1gでも超過してしまい、そのまま手荷物を預ける場合、国際線だと最低3,200円発生するので注意してください。

超過料金は1kgごとに日本発は1,200円、韓国発は12,000ウォン追加で支払うことによって預けることが可能です。

つまり、例えば日本⇄韓国線をイベント運賃で予約し、15kgの受託手荷物を追加で購入したい場合の計算式は、下記のようになります。

5,000円(イベント運賃ゲート委託時の発生手数料) + 6,000円(kg当たり超過手荷物料金) + 2,000円(1個委託手荷物処理手数料) = 13,000円

ティーウェイ航空の機内持ち込みルール

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。

機内持ち込みできる手荷物は3辺の合計が115cm以内で、重さ10kgまでの手荷物をお一人様1個まで持ち込むことが可能となっています。ビジネス運賃の場合は各10kgの荷物を2個までOK。

日本⇄韓国線、韓国内線
運賃 無料の受託手荷物枠
イベント運賃 1個10kgまで無料(身の回りの手荷物を含む)
スマート運賃
一般運賃
ビジネス運賃 2個10kgまで無料(身の回りの手荷物を含む)

3辺の合計が115cm以内ということは標準のSサイズのキャリケースであれば機内持ち込みが可能ということです。

その他にも身の回りの品(ハンドバッグ、ノートPC、コート)なども無料で持ち込み可能です。

機内持ち込みが禁止されているもの

先ほど受託手荷物でご紹介した手荷物の他に機内持ち込みを行うことのできない品目が存在します。

機内持ち込みが禁止されている品目に関しては以下の通りです。

・刃物類
・先端が著しく尖っているもの
・凶器としてなり得るもの

液体類の持ち込みルール

韓国でコスメ商品を購入される方は多いはずです。液体類の機内持ち込みのルールは厳しく規定されているので、機内に持ち込む予定の方は事前にしっかり確認しておきましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること
・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで
・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能
・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

\ソウルの人気ホテルが最大97%OFF!/

リチウムバッテリーの持ち込み制限ルール

スマホの充電器やポケットWiFiなどに搭載されているリチウムバッテリーは火災の危険性があるため、旅行中の個人目的で使用される場合のみ持ち込みが可能となっています。

空港でチェックインを行う前に必ず、スマホの充電器やポケットWiFiにリチウムバッテリーが搭載されていないかどうか確認しておきましょう。

リチウムバッテリーの許容量は以下のようになっています。

バッテリー種類 100 Wh/リチウム含有量2g未満 100〜160 Wh/リチウム含有量2〜8g 160 Wh以上/リチウム含有量8g以上
機器に装着されたバッテリー 1名当たり最大5個まで
(受託手荷物量を含む)
個人使用
(航空会社の承認が必要)
不可
予備バッテリー 航空会社の承認の下で最大4個まで可能
(受託手荷物で預けることは不可)
搭乗者1人あたり2点
(受託手荷物で預けることは不可)
不可

ティーウェイ航空を利用した際の失敗談

ここでは私がティーウェイ航空を利用した際の失敗談をご紹介します。

韓国から日本へ帰国する際にティーウェイ航空の手荷物ルールをしっかり把握しないままカウンターへ向かい、そこで問題が発覚してしまいます。

グランドスタッフから指摘を受け、なんと手荷物が5kgもオーバーしていました....

追加で8,000円の超過料金が発生....

また、端数の300グラムの追加料金は諦めて、お土産にしてたお菓子や飲み物を処分することに...

空港内でゆっくりショッピングを楽しもうと思っていましたが、荷物の整理に慌てて登場締め切り時刻になんとか搭乗でき、無事に日本へ帰国しました。

皆さんも、ティーウェイ航空を利用する際は、手荷物の大きさや重さに注意して、トラブルを避けるようにしましょう。

世界中の空港ラウンジをタダで使い放題できる方法

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、出発まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約69,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民には約69,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります。

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジを無料で利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

関空ANAラウンジで提供される軽食やアルコール

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約69,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約もOK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため乗り換えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカ

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

ティーウェイ航空で思い出に残る渡韓を楽しもう!

今回はティーウェイ航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて詳しく解説してきました。

価格の一番安い「イベント運賃」で航空券を予約してしまうと、無料の受託手荷物枠が用意されていないので、注意してください。

ティーウェイ航空を利用して韓国に行かれる方の参考になれば幸いです!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にティーウェイ航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

\ソウルの人気ホテルが最大97%OFF!/